男性

デザインにもこだわる

女の人

ふすまの張替えを行う際に選ぶふすまは質や素材、機能も重要になりますが、デザイン性も重要な項目の一つとなります。色と柄の及ぼす影響を考えながら、張替えの用のふすまを選ぶことが重要になります。

詳しくはこちら

種類が豊富

ふすま

ふすまには表紙や縁、引き手などを利用しますが、これらも基本的に部屋の雰囲気に合っているかどうかで選ぶのが良いでしょう。ふすまに加えて、障子、畳を利用する和室はやはり落ち着くものです。

詳しくはこちら

水で貼るタイプがオススメ

和室

自分の部屋を模様替えする時は、ふすまの張替えをすると簡単に部屋の雰囲気が変わります。ふすまの張替えはコツを掴めば女性でも簡単出来るでしょう。初心者には水で貼るタイプがオススメです・

詳しくはこちら

和室に欠かせない

障子

日本の建具のひとつ

日本古来の和室は今もなお人気です。その中でもこのサイトではふすまや障子について取り上げていきます。ふすまは木製の枠に厚い紙を両面に貼ったものになります。障子のように薄い紙を使用していないので、光を通さないつくりになっています。なので主に部屋同士の仕切りなどに使用されます。つくりは紙になっているので、声が遮断されることもないのでプライバシーを守ることは出来ません。そのため逆の発想で、時代劇などで秘密の会話を聞く小道具として多く使用されることもあります。特徴としては、軽量であるということがあげられます。ふすまは簡単に紙を張替えることが出来るので、利用する空間や、雰囲気に合わせた演出を行うことが出来ます。白紙の紙を用いて、そこに絵を描き入れることも出来るので、強いこだわりがある方にもきちんと対応することが出来ます。

プロが行う作業

最近はDIYなどが多く広まったことにより、ふすまの張替えを自分自身で行う方法も出てきています。しかしこのふすまの張替えは、作業工程も多く、ふすまは重さもあるので、簡単な作業とは言えません。そこで、その作業を代わりに行ってくれる業者に依頼することが有効的になります。業者が行う基本的な作業内容は、まず引き手と枠を外すことから始まります。そして使用していた表紙をはがし、茶ちりという下地を貼り付けます。その上に、新しいふすまに使用する表紙を貼り、ふすまの枠組みを取り付けます。その際に、接着剤にたまった空気をきちんと取り出し、余った表紙を切り落とすことで、ふすま自体は完成になります。その状態のまま半日から1時間乾燥させ、引き手を取り付け、完成になります。このような作業を一人で行うには難しく、これにはある程度の技術も必要になります。下手に張ってしまうことで、ふすまがたわみ、見た目が悪くなってしまうだけでなく、開け閉めにも支障が出てしまいます。プロに依頼すると綺麗に仕上がります。