デザインにもこだわる|ふすまや障子の張替えで快適和室|和風レトロルームの作り方
婦人と作業員

デザインにもこだわる

女の人

部屋との相性を良くするには

ふすまは部屋同士の仕切りという役目以外にも、部屋の雰囲気を左右する重要な役目を担っています。デザイン性でポイントになってくるのは「色」と「柄」です。色を選ぶ際にポイントとなることは、床の色より濃いものを選ばないということです。ふすまの色がその部屋の中で浮いてしまうと、不自然になってしまい、雰囲気もあまりいいものになりません。基本的に部屋の色使いのバランスは、「床→壁→天井」の順に薄くなっていくのがいいとされています。なので、ふすまが多く使用される和室の場合であれば、畳の色より薄い色のものを選んだほうが、部屋もまとまりいい雰囲気になります。色には彩度や明度などというものがありますが、これらはその色を使用する面積が大きくなればなるほど強くなります。そのことを頭に入れながら考えることで、完成した時に思った以上に明るくなったりなどの驚きを感じることは無くなります。

柄が及ぼす影響

ふすまのデザイン性には色が大きく関係していることをご紹介しましたが、「柄」も大きく関係しています。柄にもさまざまな種類があり、それには和をイメージしたものや洋風の柄を取り入れたものなどがあります。ふすまは和室に使用されることが多いので、和柄を取り入れたものが人気となっています。さらに最近は、柄を入れない無地のふすまも多く普及しており、それには和モダンの家が多くなったことが関係しています。無地のふすまに柄を入れることで、いいアクセントにすることも可能です。しかし家具やインテリアなどの他のアイテムとの相性もきちんと考えなければなりません。柄に関しては、壁の色と馴染むような色を用いた無地のものを使用し、装飾品などでアクセントを付けるという方法が安心になります。